2018 ピースボート 98回クルーズ寄港地⑥イタリア カリアリ1【マラカラゴーニス村で伝統舞踊とお菓子】

2018年6月9日 イタリア【サルデーニャ島カリアリ】

 

 

ぐいーんと曲がって向かったのは

 

 

 

イタリアのサルデーニャ島カリアリ

綺麗な街並みに気分も上がってきます。

 

 

 

デコ船!?

車も乗れるフェリーのようでした。

目立っていいですね。

 

 

 

伝統舞踊鑑賞ツアー

今まで自由行動していましたが、イタリアで初ツアー。

内容は伝統舞踊を見ながら(うみさん一緒に踊りそう)、お菓子を食べ(ななさん喜ぶ)、ワインも飲める(グランマ)という、みんなが嬉しくなるであろうツアーを見つけたから。

 

 

 

子どものいる家族は、15分前に集合してバスに向かいます。

バスの定員がいっぱいだと、席がバラバラになってしまうからだそう。

乗り降りしやすい前方の席に座らせてもらいました。

教会。

バスの中からですが、綺麗。

中に入ったらもっと素敵なんだろうな。

 

 

 

ピンクの湖!?

 

ここは塩田で、濃度の違いで様々な色に変化するんだそう。

不思議ですね。

 

 

 

この広い塩田にはフラミンゴたちがご飯を食べ来てた!

早朝が一番たくさんいるという話だけど、ちゃんと見つけられました。

深いところだと、足が長いのが分からなくて、しかも頭を水の中に入れているため、鳥かどうかすら分からない恰好が可愛かったな。

他にも日本では飼っているような、カラフルな色のついた小さな鳥が飛びまわってた。

 

 

 

向かいには素敵なビーチが。

今日が夏休み初日ということで大賑わい。

 

 

 

私の好きなアスパラガスの木(勝手に命名してます。)

一本だけにょきっと生えているのがカッコいい。

 

 

 

30分ほどで、マラカラゴーニス村へ到着。

ウェルカムワインをいただきながら、伝統舞踊鑑賞。

 

 

 

ダンスの合間に、お姉さんがお菓子を運んできてくれます。

このお菓子は杏仁風の味がして子どもたち残しちゃってましたが、それもいい経験。

全部で5回くらい、このサイズのお菓子をいただきました。

一番おいしかったのは、揚げたてのオレンジドーナツ。

 

最後は手のひらサイズのパンとチーズ。

おなかいっぱいです。

 

ワインもお菓子に合うものを毎回持ってきてくれるので、全部飲んだらみんな酔っぱらって大変なことになりそうでした。

 

 

 

子どもたちはダンスより、お料理を見ている方が楽しいようです。

 

 

 

建物の中には大きなワインの樽。

ミモザの花には意味があるのかな?

 

 

 

扉の入り口には、猪のようなものが吊り下げられていました。

しっかり守ってくれそうな、ちょっと怖い見た目。

 

 

 

このお兄さんの笛が凄かった。

ずっと音が出っぱなしで、いつ息を吸っているのか分からない。

3本に分かれている作りで、一人で演奏しているのに10人くらいで演奏しているよう。

 

おみやげに笛を買ってみては?という話もありましたが、先生もいないし吹けるようにはなりません。とのことでした。

 

 

 

楽しい時間はあっという間。

最後はみんなで輪になって踊りました。

 

 

 

ツアーの後は、自由行動で街を散策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です